スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストが小さい原因

バストアップをあきらめてしまっている女性は、バストの小ささを「遺伝」や「年齢」のせいと思っているのではないでしょうか。

小さなバストの原因には生理学的なきちんとした根拠があるのです。
それは、女性の体の形成にとても関係のある女性ホルモンの分泌量の不足に起因すると考えられています。

バストアップにとても関係ある女性ホルモンは、思春期から成人期にかけて分泌されて、多ければ多いほど脂肪がつきやすくなり、バストアップもしていきます。

この時期に激しいスポーツや精神的に大きなストレス・過剰なエネルギーの消費などがあると、女性ホルモンの分泌が少なくなりバストの発育が妨げられることになります。
女性ホルモンの量を調節しているのは、精神の影響を受けやすい間脳にある視床下部です。
つまり、ストレスをためることが、バストアップに悪い影響を与えることになる、ということです。

バストを形成している組織の中で、特に中心となる「乳腺」は女性ホルモンの影響を強く受けている組織です。
この乳腺は、バストアップのポイントになると言えますね。
今まで遺伝や年齢などあきらめていた胸が小さい人も、女性ホルモンの分泌を促進することでバスとアップをすることができるのです。

バストの発達には個人差もありますが、栄養や体質なども大きく影響と言えます。
バストが小さい原因は、例えば不規則な生活や不規則な食事などといった原因で、女性ホルモンが不足し、女性ホルモンの働きが乳房まで充分及んでいないためや、分泌されていても乳房腺の反応(受容体)が鈍く乳脂肪の合成が活発化されなかったということが考えられます。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

バストアップ豊胸

Author:バストアップ豊胸
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。