スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストとホルモンの関係

バストアップするには、バストと女性ホルモンの関係を知っておく必要があります。

女性の体は毎月の月経周期によってコントロールされ、女性ホルモンの分泌サイクルと密接に関係しています。
女性の体内ではエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2つの女性ホルモンが、バランスよく分泌されています。

女性ホルモンとバストアップ はとても関係があり、女性らしさが体の成長に合わせて増すようにバストのふくらみも女性ホルモンの影響を大きく受けているのです。

女性特有の体の丸みや肌の白さ・骨格の形・バストのハリなどはエストロゲンというホルモンが関係しています。

バストの発達には個人差も大きくありますが、栄養や体質なども大きく影響しています。
バストが未発達の原因は、なんらかの原因、例えば、不規則な生活・不規則な食事などで女性ホルモンが不足し、その働きが乳房まで充分及んでいない為、又は分泌されていても乳房腺の反応が鈍く乳脂肪の合成が活発化されなかったからだと考えられます。

また、エストロゲンには、肌や髪にツヤを持たせ、バストにハリを持たせ、骨を丈夫にするなどの働きをします。
ですから、エストロゲンが増すことによって、バストアップにもつながるというわけです。しかし、それだけではバストアップされたバランスのよいバストになれるわけではありません。
もうひとつの女性ホルモン、プロゲステロンは妊娠の準備をするために子宮内膜をふかふかにして、妊娠した場合にはそれを維持する働きがあります。

この2つのホルモンのバランスが生理周期で変わることにより、エストロゲン優位期には心も体も快調で、肌の調子も良く、気分も安定してイキイキしています。

一方 、プロゲステロン優位期は、ボッーとして、水分や血行が滞り、肌荒れ、腹痛、肩こり、便秘などの不調が出やすくなります。

プロゲステロン優位期は、女性の体にとっても重要な時期でもあるので、体調を崩さないように気をつけなければなりません。
しかし、ストレスや過度なダイエット、不規則な生活などによって、この2つのホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。
ホルモンバランスの崩れは、体を老化させる原因になることがわかってきています。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

バストアップ豊胸

Author:バストアップ豊胸
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。