スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストを美しく保つには

バストアップには、バストアップした状態を維持するために、日頃から気にかけておいた方がよいことがあります。

まず、日頃から食べ物にも気をつけましょう。
バストアップした状態を維持するためには、皮下脂肪を増やすだけではなく、大胸筋がしっかりした土台を形成して、バストを支えられるようにすることが大切です。
そして肌のハリ・バストのハリを保つということが必要です。

バストアップに良い食べ物、バストアップを維持する食べ物は「バストのハリ」を保つために良い食べ物です。
また、バストアップとダイエットは、決して両立が不可能ではありません。

もし太ってきたのでやせたいとダイエットをする場合でも、バストアップをしている状態を保ったまま、ダイエットをすることも可能なのです。

バストアップを考えるなら、極端なダイエットによって栄養不足にならないように、日頃の生活に気をつけましょう。

バストアップに取り組んだからといって、無限に大きくなるというわけではありません。
またこれ以上は大きくならないという決め付けもよくありません。

そこでブラジャーを購入するたびに、サイズを確かめてから購入するようにするとよいですね。
ブラジャーを正しく着けていないと、肩こりにもつながります。
美しいバストも保てないと言うわけです。

また、バストアップサプリメントと取る時には、注意が必要です。
バストアップサプリメントとされ、販売されているものの中には、女性ホルモンの分泌に影響するような種類のものあります。

自分の体をよく知り、自分にあったバストアップ方法で、美しいバストラインを保ちたいものですね。
スポンサーサイト

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

バストとホルモンの関係

バストアップするには、バストと女性ホルモンの関係を知っておく必要があります。

女性の体は毎月の月経周期によってコントロールされ、女性ホルモンの分泌サイクルと密接に関係しています。
女性の体内ではエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2つの女性ホルモンが、バランスよく分泌されています。

女性ホルモンとバストアップ はとても関係があり、女性らしさが体の成長に合わせて増すようにバストのふくらみも女性ホルモンの影響を大きく受けているのです。

女性特有の体の丸みや肌の白さ・骨格の形・バストのハリなどはエストロゲンというホルモンが関係しています。

バストの発達には個人差も大きくありますが、栄養や体質なども大きく影響しています。
バストが未発達の原因は、なんらかの原因、例えば、不規則な生活・不規則な食事などで女性ホルモンが不足し、その働きが乳房まで充分及んでいない為、又は分泌されていても乳房腺の反応が鈍く乳脂肪の合成が活発化されなかったからだと考えられます。

また、エストロゲンには、肌や髪にツヤを持たせ、バストにハリを持たせ、骨を丈夫にするなどの働きをします。
ですから、エストロゲンが増すことによって、バストアップにもつながるというわけです。しかし、それだけではバストアップされたバランスのよいバストになれるわけではありません。
もうひとつの女性ホルモン、プロゲステロンは妊娠の準備をするために子宮内膜をふかふかにして、妊娠した場合にはそれを維持する働きがあります。

この2つのホルモンのバランスが生理周期で変わることにより、エストロゲン優位期には心も体も快調で、肌の調子も良く、気分も安定してイキイキしています。

一方 、プロゲステロン優位期は、ボッーとして、水分や血行が滞り、肌荒れ、腹痛、肩こり、便秘などの不調が出やすくなります。

プロゲステロン優位期は、女性の体にとっても重要な時期でもあるので、体調を崩さないように気をつけなければなりません。
しかし、ストレスや過度なダイエット、不規則な生活などによって、この2つのホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。
ホルモンバランスの崩れは、体を老化させる原因になることがわかってきています。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

産後のバストアップ

バストアップをして、バストアップ維持の努力をしていても、産後には気になるものです。

産後はバストが小さくなってこまる、というのではなく、今までと逆で自分のバストとは思えないような巨乳になってしまうのです。
そうなんです、がんばってバストアップしていたこれまでの小さなバストが嘘のような状態です。

妊娠するまでの間、バストが小さいとして、悩んでいた方にとっては、この妊娠中と出産後のバストアップは、まるで自分の胸とは思えないようなバストに喜びを覚える人もいるようです。
しかし、この時期にバストアップをしていたとしても、産後しばらく経過して、赤ちゃんがおっぱいを飲まなくなった後が大切なのです。
今まで母乳で満たされていたおっぱいの中身は、空っぽになってしまい、皮膚もかなりたるんでしまうからです。
今まで、母乳でパンパンに張っていたおっぱいの中身がなくなるのですから、その中身がなくなればたるむのも当たり前ですね。
つまり、バストアップには出産後のケアが大切なのです。

出産後のもバストアップケアについては、専門化のアドバイスをもらう場合もありますし、また助産師さんもアドバイスをしてくれるはずです。
各下着メーカーも産後のバストアップのためのブラジャーを沢山開発していますので、このような下着に頼るのも、効果が期待できると思います。
またバストアップエクササイズによって、バストの筋肉を鍛えておくことも大切ですのでこれも忘れず続けましょう。
バストアップエクササイズの効果としては、バストにハリをもたし、バストのトップの位置を上げ、垂れたバストを持ち上げることです。
簡単なバストアップエクササイズでこれらの効果が期待できます。
しかし毎日続けなければ、このようなエクササイズは意味がありませんので、必ず継続するようにしましょう。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

バストの病気は必ずチェック

バストアップのためには、マッサージをしたり、エクササイズをしたり、下着を丁寧に着けたり、補正下着をつけたりする機会が増えます。

そうです、バストアップを目指すと、自分のバストに触れることが多くなるのです。
バストアップの機会に、出来ればバストの病気について、チェックしてみるとよいですね。


バストの病気には、乳がんのほかにも、さまざまな病気があります。

特に「しこり」に気付いた場合には、基本的には医師の診察を受けるということを、心がけた方がよいでしょう。
そしてそれが「乳がん」かどうか、を調べてもらう方がよいですね。

現実的には、しこりができても乳がんではない良性疾患だった、という場合が多いのも事実ですから。

しかし、怖いのは素人判断で乳がんの判断をしてしまうことです。
乳がんかどうかの鑑別は、素人にはできないのです。

例えば、乳腺症という良性の病気だったとしても、その後、それとは全く別に、乳がんになった場合でも、また乳腺症の症状が出てきたと思って放置していたら乳がんだった、という可能性もあります。

それらのことを防ぐためには、医師の診察を定期的に受ける、ということが大切です。
医師は、マンモグラフィやエコーを用いたり、又はしこりの状態を触診したりして、乳がんか、あるいは他の良性の疾患かの診断をしてくれます。

もし乳がんが見つかったとしても、早期に治療を開始すれば、救命できるという場合が、多いのですから。


バストの病気には、乳管内乳頭腫、葉状腫瘍、産後の病気、乳腺線維腺腫、乳腺症などがあります。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

バストアップ豊胸

Author:バストアップ豊胸
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。