スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストの仕組を知る

バストアップをしたいなら、バストのことを知ることから始める必要があります。

バストとは、簡単に言うと「胸の上にある皮下脂肪」のことです。
そして、「バスト」「バストライン」とは、皮下脂肪の部分だけではなく、バストを支える「大胸筋」などの筋肉なども含めた部分のことを言うのです。

バスト組織の90%は脂肪組織、そして10%は乳腺組織です。
バストアップをするには、皮下脂肪だけを増やしてもと不自然に形になり、逆に大胸筋をすごく鍛えても、バストアップされた女性らしいラインは生まれません。

また、バストアップをするということは、「小さい胸を大きくする」というだけでなく、授乳や加齢によって下に垂れた胸を「持ち上げる」ということも含まれています。

下に垂れた胸を持ち上げるだけでも、バストアップになり、バストのサイズはアップします。
バストアップをしたい!自分の胸を魅力的に見せる方法を知りたい!と考える人は、自分の胸の状態をチェックすることも大事です。

バストの脂肪が少ないタイプ、妊娠・授乳・加齢といった理由でバストが下垂しているタイプ、または姿勢が悪いことや、下着があっていないなどの理由でバストアップがなかなかできない場合があります。
また、極端なダイエットのためにバストアップができないということもあります。

バストアップには、バストの皮下脂肪を増やしたり、脂肪細胞を太らせたりすりことが有効的です。しかし、それだけではバストアップは出来ません。
バストアップには、乳腺を活性化させて、脂肪細胞を太らせるだけではなく、大胸筋を鍛えてしっかりとしたものにすること、皮膚の状態を良くすることも必要なのです。

また、皮膚のハリを保つことも必要です。ハリが失われるとバストが下垂する原因にもなります。

バストアップするには、バストの仕組みを知り、自分のバストの悩みを分析して、自分にあったバストアップ方法を取り入れることが大切です。
スポンサーサイト

バストの状態を知る

バストアップをしたいなら、自分のバストの状態を知り、どんなバストアップ方法が向いているかを知ることから始めましょう。

女性の美しいバストラインを形成するバストとは、「胸の上にある皮下脂肪」のことですが、
この皮下脂肪自体や脂肪細胞の数自体が少なくて、バストが豊かではない、というわけではないのです。
例えば、出産後・授乳・加齢といった理由で下垂してバストアップできない。
姿勢が悪いため、極端なダイエットのためにバストアップできなかった、ということがあります。

バストアップをするには、エクササイズや食べ物・サプリメントを工夫して取るといった方法から、専門化、美容整形をする方法まで、様々なものがあります。

注意しなければいけない点は「悩みによって、効果の上がる方法が異なる」という点です。
脂肪細胞が少ない人には、たとえば光豊胸といった方法は、効果が上がりにくいことがあるのです。

バストアップのためには、正しいサイズの下着を着けることも気をつけなければいけません。

バストアップをするということは、単にバストサイズをアップさせることだけではなく、
垂れてしまったバストを持ち上げることや、萎んでしまったバストのハリを取り戻すといこともあります。

バストアップに基本的に大事なことは、「普段からに良い姿勢を保つ」ということです。

猫背になっている人や、左右のバランスが悪い人は、バストが垂れている状況を自分から作っているということになります。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

バストが小さい原因

バストアップをあきらめてしまっている女性は、バストの小ささを「遺伝」や「年齢」のせいと思っているのではないでしょうか。

小さなバストの原因には生理学的なきちんとした根拠があるのです。
それは、女性の体の形成にとても関係のある女性ホルモンの分泌量の不足に起因すると考えられています。

バストアップにとても関係ある女性ホルモンは、思春期から成人期にかけて分泌されて、多ければ多いほど脂肪がつきやすくなり、バストアップもしていきます。

この時期に激しいスポーツや精神的に大きなストレス・過剰なエネルギーの消費などがあると、女性ホルモンの分泌が少なくなりバストの発育が妨げられることになります。
女性ホルモンの量を調節しているのは、精神の影響を受けやすい間脳にある視床下部です。
つまり、ストレスをためることが、バストアップに悪い影響を与えることになる、ということです。

バストを形成している組織の中で、特に中心となる「乳腺」は女性ホルモンの影響を強く受けている組織です。
この乳腺は、バストアップのポイントになると言えますね。
今まで遺伝や年齢などあきらめていた胸が小さい人も、女性ホルモンの分泌を促進することでバスとアップをすることができるのです。

バストの発達には個人差もありますが、栄養や体質なども大きく影響と言えます。
バストが小さい原因は、例えば不規則な生活や不規則な食事などといった原因で、女性ホルモンが不足し、女性ホルモンの働きが乳房まで充分及んでいないためや、分泌されていても乳房腺の反応(受容体)が鈍く乳脂肪の合成が活発化されなかったということが考えられます。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

バストアップに悪い原因

バストアップをしてもなかなか効果がでないということには原因があります。

せっかくバストアップのために色々な方法を試していても、バストアップに悪い原因を知らない為に、なかなかバストアップができないということがあります。

主なバストアップに悪い原因は、
・無理なダイエット
 栄養バランスをとったダイエットであれば問題ありませんが、過激なダイエットは、必要な栄養が摂取できずに体を壊し、バストにとって必要な栄養も損ねてしまうことになります。

・冷え性
 冷えはバストアップだけでなく女性の天敵ですね。
血行不良でリンパの流れが悪いと、バストにも必要な栄養が細胞に届かないというわけです。
 また、冷えは、女性ホルモンの変化からアレルギーや肌荒れなどの原因にもなります。

・タバコ
 タバコに含まれるニコチンは、女性ホルモンの分泌を妨げるため、バストアップにも悪い影響を与える原因にもなります。

・カフェイン
 カフェインには、脂肪を分解するという作用があります。
 人間の体にはある程度の脂肪がついている必要があります。
 そして、バストの脂肪は、お尻や太ももの脂肪と違い乳腺を基本とした脂肪ですから、
それまでを分解してしまう過激なカフェインをとることは、バストアップには悪い原因と
言えます。

その他にも、自分にバストにあっていないブラジャーをつけていることや、便秘によって栄養を充分に摂取できないこと、女性ホルモンの分泌を妨げる食品を多くとることなども
バストアップに悪い影響を与える原因となっています。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

バランスのよいバスト

バストアップをしたいと思う人なら、理想のバスト、バランスのよいバストとはどんなバストか知っているでしょうか。

大きなバストだけがバランスのよい、よいバストであるとは言えません。
ハリがあって、適度な柔らかさもあり、ツヤやハリがあるバストもバランスのよいバストに必要なものです。
バストアップだけをしてもよいバストとは言えないので、バストアップすることとあわせて、バランスのよいバストとはどんなバストかを知り、バランスのとれたよいバストになりましょう。
平均的な日本女性のバストは片方約180~320cc(牛乳瓶2本分)になるといわれているのは知っていますか。
バストは骨や筋肉のように硬いものではなく柔らかいものです。
ですから下方向より上方向へ約3倍 外側より内側へ約1.5倍動きやすいつくりといわれています。

ですからより美しくバストバストアップをするためには皮膚のハリを維持する必要もあります。

理想と言われているバストの大きさの理想は、身長×0.53と言われています。
例えば、身長が165センチの人なら、165×0.53=87.45センチということになりますね。

では、理想的なバストの形はどうでしょうか、
バストの形は三角型・皿型・お椀型・半球型・円錐型・下垂型などにがありますが、
理想的なのは半球型だと言われています。

そして、理想のバストラインはと言いますと、理想のバストラインにも「黄金比率」があります。鎖骨の中心から左右のバストトップまでの接点が、正三角形になっていることです。
バストトップの位置が、肩と肘の中間辺りにあり、左右のバストトップの距離が顔の幅と同じくらいなら理想的ですね。

テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

バストアップ豊胸

Author:バストアップ豊胸
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。